あなたの口臭の原因は「タバコ」かもしれませんよ!

ここ数年で「○○ハラスメント」という言葉をよく耳にしますね。「スメルハラスメント」と聞くと体臭や加齢臭だけではなく『口臭』もその1つ。気づかないうちにタバコで口臭が悪化してる場合があることを知っておきましょう!

*

「チャンピックス」で禁煙すれば一石二鳥

いつまでも健康でいたい、タバコが高いなどの理由で禁煙をしたいという人は多くいます。

自分の健康が得られるのと同時にお金もかからなくなったり、家族などに副流煙被害が及ばないという一石二鳥以上の効果が期待できます。

しかしそれと同時に上手くいかない人も多くいます。

チャンピックスは非ニコチン製剤

禁煙失敗の原因の多くは、タバコによるニコチン依存になってしまっているからです。

体内にニコチンが入ると、脳のニコチン受容体と結びつき快感を感じるドーパミンが放出されます。

手軽に快感を得ることが出来るため、タバコが手放せなくなってしまうのです。

今までの禁煙のための薬やパッチは、禁煙を始めて体内からニコチンが逃げ出すために起こるイライラなどの症状を、パッチなどに染み込ませたニコチンで取りいれるために軽減するという作用があります。

しかしいくら禁煙をしてもニコチンが配合されていたため、ニコチン依存が解消されないままになってしまっていました。

しかしチャンピックスはニコチンよりも先に脳のニコチン受容体と結びついてしまうため、少量のドーパミンが放出されます。

またニコチン自体とも結合してドーパミンを排出させる作用を弱めてしまうため、タバコを吸っても快感が得られることがないようにしてしまうという特徴があります。

そのためタバコを吸っても「おいしい」と感じることがなくなってしまうことでニコチン依存を脱する方法なのです。

ニコチンに頼らない方法のため、非ニコチン製剤とも呼ばれています。

チャンピックスでの用法・注意すべきこと

チャンピックスの用法は、禁煙をスタートする1週間前から1日1錠の服用を始め、8日目からは1日2回朝晩の服用をスタートさせます。

服用から1週間の間は喫煙してしまっても構いません。

8日目からは喫煙はNGとなり、そのまま合計で12週間チャンピックスを服用し続けます。

チャンピックスは吐き気や便秘などの胃腸への症状や頭痛が報告されていますが、軽度なものが多いようです。

他には不眠やイライラ、怒りっぽくなる、うつのような症状が出る、ということもあります。

また、意識がもうろうとする場合があり、いくつかの事例もありますので服用時には車などの運転も避けた方がよさそうです。

注意点としてチャンピックスは非ニコチン製剤ですので、ニコチン製剤との併用は止めましょう。

どれだけ優れたものでも服用することで副作用が起こる可能性があります。

あまりにも強い症状が出た場合や不安な時は、自己判断をせずに服薬を中止し、チャンピックスの処方を受けた医師に相談するようにしましょう。

公開日: